コマ松ブログ

松川コマ松の日常などが満載の楽しいブログだぜ!

にほんブログ村に参加中!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へにほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へにほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ

2018年になってから初のジュンク堂書店 池袋本店

f:id:andomasakazu413:20180717031242j:plain
2018年5月25日、行ってから19回目を迎えたジュンク堂書店 池袋本店に行ってきた。
もうすぐ有効期限切れがあるhontoポイントを消費するためや数日前にパパからもらったQUOカードを中心に使って、2018年春になってから購入を検討したコミックの新規タイトルのまとめ買いをするためが目的だ。

今回はB1Fコミックフロアと1F雑誌フロアを中心に行く。
B1Fでは前回と同じくいろんなコーナーをまわる。まずは棚番号3~4のその他男性作家50音別を見て平置きスペースの一部分を占めていた赤塚不二夫おそ松さん』関連本がひっそりとなくなってる… 棚に置いてあるのはシタラマサコによるコミカライズ版とJUMP j BOOKS集英社みらい文庫から刊行されたノベライズ版のみ… 上北ふたごによる『ひみつのアッコちゃん』リメイク版の1巻を観察すると作者はハイレベルな美少女を描ける画力を持ってるのにしかもデビューした年が1980年代でそんなのありえんと思うよな…顔が還暦前後に老けてたらどうしようと思うよな。。水木しげるは『水木しげる漫画大全集』がまたまた増えたような予感がするが、それとは別に今年4月からのアニメ第6作開始に合わせてマガジンKCの新装版が発売されたり、2007年頃にコミックボンボンで連載されたほしの竜一によるアニメ第5作のコミカライズ版が復刊してる勢いも!水島新司は『ドカベン』『大甲子園』『ドカベン プロ野球編』『ドカベン スーパースターズ編』が文庫版しか置いてなくて、新書判(少年チャンピオンコミックス)で置いてあるのは最新作である『ドカベン ドリームトーナメント編』のみ…スペースの都合が考えられるだろうなと思う。。次にマンガ技法書コーナーに行くと『パンツ専門ポーズ集』が目につく。裏表紙のパンツのドアップ、何かが透けてそうな気がしね?と興味津々。その次に新刊コーナーに行くが鈴木信也『元ジャンプ作家が育児に精を出してみた』がジャンプのところではなく他社の育児コミックと並んでる始末…こりゃちょっと取りづらいと思うけど勇気出したwあと、藤子・F・不二雄『新オバケのQ太郎』1巻『ウメ星デンカ』3巻のてんとう虫コミックス版の復刻版とほしの竜一ゲゲゲの鬼太郎』復刻版4巻といった巨匠系男性作家別がアース・スターのとなりに置いてあることに驚き!その後ポスターや複製原画が沢山飾られている壁を見ると、「児童書文庫は8Fに、幼年誌は1Fに、学習まんがは8Fに、英語版日本のコミックは9Fに」などと書かれた案内板が新たに貼られてるとは!そういったものは人気漫画をノベライズしたやつや幼年誌の中に漫画が連載されてる背景もあるんだろうなと… そして次にジャンプコーナーへ。前よりもちょっと派手になってるんじゃないかと… その次にチャンピオンコーナーへ。渡辺航弱虫ペダル』があ行の作者よりも1番前に並べられることになってたとは!テレビアニメも少しブランク期間を空けながらも続いてることだし、連載10周年で勢い増してることあったりとか。。

1FではNHKテキストのバックナンバーが壁面Aの1番奥に置いてあって『趣味どきっ!』や『まる得マガジン』の5年前からのバックナンバー(の売れ残り)が結構充実してたとは… NHKテキスト最新号コーナーは一部のテキストは1~2号前のバックナンバーも普通に在庫あったりとさすが超大型書店かと。特に『きょうの料理ビギナーズ』は6月号(5月21日発売)と5月号(4月21日発売)・4月号(3月21日発売)の3種が並んでることに意外!そのコーナーを見終わった後すぐレジへ。

f:id:andomasakazu413:20180717031321j:plain
さて、当店で『ドラゴンボールSD 1~5巻』『娘へ ~将来死にたくなったらコイツを読め~ 元ジャンプ作家が育児に精を出してみた』『少年ジャンプに人生賭けてみた』『NHKテキスト きょうの料理 2018年5月号』を購入。特に『元ジャンプ育児』はリアルタイムで電子コミックアプリ『少年ジャンプ+』で読んでたが毎回読むたび子どもを育てることの厳しさがよくわかり子どもを欲しくない、結婚したくない気持ちが高まってきた。だが母方の叔父母や近所の住宅新開発エリアに続々と引っ越してきてる家庭(特に子どもがいる方)に薦めようかなと思い結局買ったw
次いつ行くかはまだ未定だなとw