コマ松ブログ

松川コマ松の日常などが満載の楽しいブログだぜ!

にほんブログ村に参加中!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へにほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へにほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ

Wii U発売2周年、来年からは盛り上がれるのか

2014年12月8日、Wii Uが発売2周年を迎えた。
Wiiの後継機であるこのゲーム機、2014年9月末時点で全世界での販売台数は729万台というまったくの不振と言いがちであり2014年9月までの日本での販売数量はハードウェアが197万台、ソフトウェアが696万本となった。
また、ディスクソフトも年間発売数がかなり少なく日本での発売から2014年12月までのタイトル数が73タイトルで10月30日に行われた任天堂の経営方針説明会 / 2015年3月期 第2四半期決算説明会の質疑応答で専務取締役の宮本茂が「今年になってからも新たに、初めて一緒に仕事をするソフトメーカーさんと新しいチームをつくったりしており、積極的に外部の協力を仰ぐことで、メジャーなタイトルが潤沢に準備できる体制が整ってきています。来年のWii Uのソフトは結構充実しているという手応えが私にはあります。頑張ります。」と回答しており、ライバル機のPS3PS4に負けないくらい様々なソフトメーカーのタイトル群も出てソフト数がもっと充実すればWii Uが週販でかなり売れること間違いなしだと思う。

以下、Wii Uのソフトを年別・メーカー別などでまとめてみる。
☆メーカー別
【ディスクソフトを出したメーカー】任天堂、エレクトロニック・アーツ、カプコンコーエーテクモゲームスバンダイナムコゲームスユービーアイソフト、ワーナー・エンターテインメント・ジャパン、スクウェアエニックスD3パブリッシャー、コードマスターズ、セガ、スパイク・チュンソフト、ハムスター
【ダウンロードソフトのみ】アークシステムワークス、夢の街創造委員会、ケムコユビキタスエンターテインメント、レイニーフロッグ、シルバースタージャパン、フライハイワークス、インターグロー、ユニティ・ゲームズ・ジャパン、賈船
バーチャルコンソールのみ】Tozai Games、サンソフトパオン、アトラス、コナミカルチャーブレーンハル研究所

☆年別・月別(ディスクソフトのみ)
2012年:15タイトル
2013年:32タイトル(そのうち1・2・5月:1タイトル、3・6・10月:3タイトル、7・11月:5タイトル、8月:2タイトル、9・12月:4タイトル)
2014年:26タイトル(そのうち2・4月:3タイトル、5・6・7・9月:2タイトル、8・10月:1タイトル、11月:6タイトル、12月:4タイトル)

CERO別(ディスクソフトのみ)
CEROレーティングA:41タイトル(前年比+17)
CEROレーティングB:10タイトル(前年比+5)
CEROレーティングC:9タイトル(前年比+3)
CEROレーティングD:10タイトル(前年比+2)
CEROレーティングZ:5タイトル(前年比+1)

2014年のソフトタイトル数がレーティングAが17タイトルでレーティングB~Z(合わせてる)が11タイトルで微妙的なラインナップだったような。
最近のソフトではみんなで楽しめるともいえる『ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド』『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!』『ご当地鉄道 ~ご当地キャラと日本全国の旅~』が思ったより全然売れずサードパーティ製ってホント魅力ないなと感じてしまうこともしばしば。
今年の年末商戦では発売されたばかりの『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』が中心だが週販では10万台以上売れることを応援していきたいと思ってる。 来年こそはPS4に負けないくらいWii Uを沢山売れることを願う!!

マリオカート8 - Wii U

マリオカート8 - Wii U