コマ松ブログ

松川コマ松の日常などが満載の楽しいブログだぜ!

にほんブログ村に参加中!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へにほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へにほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ

『全巻一冊』で出たら買い直したい好きなコミック

2018年からプログレス・テクノロジーズにより順次発売されている次世代電子書籍端末『全巻一冊』(ただしTSUTAYAの一部店舗しか販売されていない)。
紙のコミックの進化形ともいわれており、紙の全巻よりも省スペースになるというのがメリットだ。
刊行ラインナップは『北斗の拳』『シティーハンター』のような懐かしの単作ものから、『銀牙伝説WEED ウィード&オリオン』のような本編+続編をまとめたもの、『沈黙の艦隊 / ジパング』『アカギの生涯』のような本編とスピンオフ作を詰め合わせたもの、『桂正和全集』のような特定の漫画家の全作品をまとめたもの、『NARUTO』『銀魂』のような近年完結したばかりのものまで幅広く、今年2019年は50タイトル以上の追加も見込んでるのだとか。
そこでこれまでオレが集めたコミックの中から『全巻一冊』で発売されたら買い直してみたいと思う作品をまとめてみる。

つの丸みどりのマキバオー』(全16巻)・『たいようのマキバオー』(全16巻)・『たいようのマキバオーW』(全20巻)など全作品
つの丸全集』として出すべきだろう。だって2018年4月上旬に少年ジャンプ+で集中連載された『ギャグマンガ家 人間ドックデスレース』が遺作になるかもしれないと言い張ってるみたいだし、一旦区切りをつける形でもいいんで連載作ほぼすべてのコミックス累計全75巻を詰め合わせて全集を出してもいいんじゃないかと思う。特に『みどりのマキバオー』は集英社コミック文庫版全10巻ではなくジャンプコミックス版全16巻を底本にしてもらいたい。また未単行本化の連載作である『わんぱくカッパ岸辺のサブロー』(コミックバンチ)も一度は読んでみたいし、モンモンモン連載版以前に掲載されたモンモン関連の読切や"つのま・るみ"名義で描いた少女漫画風の読切も読んでみたいので『読切大全集』のタイトルで1巻分として収録するべきかなと。ガモウひろしとっても!ラッキーマン』(全16巻)・『ぼくは少年探偵ダン♪♪』(全2巻)・『バカバカしいの!』(全1巻)など
ガモウひろし全集』として出すべきだろう。一応ラッキーマン集英社コミック文庫版全8巻ではなくジャンプコミックス版全16巻を底本にしてもらいたい。1980年代後半にフレッシュジャンプで連載された『臨機応変マン』『スーパーボーヤケンちゃん』も一度は読んでみたいのでそれらも収録してほしいところだ。麻生周一斉木楠雄のΨ難』(全26巻)*1
2012年から2018年まで週刊少年ジャンプで連載されアニメ化・ゲーム化・実写映画化もされた大ヒットギャグ漫画。作者である麻生周一先生が入間市出身ということからただ興味を持ってたが、おはスタでアニメ化の際にじわじわとハマってきた。ほぼ完結したばかりの『銀魂』が全巻一冊化確定したならこの調子で『斉Ψ』も全巻一冊化したらいいんじゃね?とつい思っちゃう。
マギ コミック 全37巻セット

マギ コミック 全37巻セット

大高忍『マギ』(全37巻)・『マギ シンドバッドの冒険』(全19巻)
2009年から2017年まで週刊少年サンデーで連載された冒険漫画。それに加えて2013年から2018年まで裏サンデーで連載されたスピンオフ作である『シンドバッド』もひとつにまとめて全巻一冊化してほしいと思う。あとおまけとしてアニメ化に合わせて月刊コロコロコミックで短期集中連載された河本けもん(河本ひろし)先生による『マギ まじかるギャグ学園』も収録したらいいんじゃないかと。橋口たかし焼きたて!!ジャぱん』(全26巻)
2002年から2007年まで週刊少年サンデーで連載されたパン漫画。テレビ東京系列でアニメ化もされたがオレが小2~小3の頃リアタイで観てたな。その懐かしさにあり+料理漫画に興味あるの組み合わせで高1の頃から数ヶ月かけてコミックス全巻集めてきた。大ヒット作なのに完全版や文庫版が出ないのはもったいないし今度こそ全巻一冊で再刊するべきだ!のむらしんぼつるピカハゲ丸』(全25巻)・『つるピカハゲ丸(コロコロイチバン!版)』(全3巻)・『あっぱれメガバカBoys』(全2巻)・『ラチェット&クランク ガガガ!銀河のがけっぷち伝説』(全2巻)・『超熱ゲームキッド!!クリエイ太』(全1巻)など
それらなどを含めて(コロコロ創刊伝説以前の作品をすべてまとめる形で)『のむらしんぼ全集』として出すべき。ハゲ丸といえば1999~2000年まで別冊コロコロコミックにて続編とされる『つるピカハゲ丸21』が連載されたことがあるが当然未単行本化であるのがまずすぎるし、他にも未単行本化の連載作品は山ほどあるだろう。余談だが未単行本化の読切作品は『読切大全集』のタイトルで数巻分*2として収録してもいいんじゃないかと思う。小林よしのりおぼっちゃまくん』(全24巻)
幻冬舎文庫版全8巻ではなくてんとう虫コロコロコミックス版全24巻を底本として全巻一冊化してほしいと思う。アニメ化・ゲーム化もされた大ヒット作なんだし単行本未収録エピソード(コロコロ終了後以降に『わしズム』で不定期連載された新作エピソードなど。ただし『小説幻冬』で現在連載中の新作は除く)も「単行本未収録エピソード集」を25巻目扱いにして載せるべきなのでは?と思う。室山まゆみあさりちゃん』(全100巻)
1978年から2014年まで小学館の学習雑誌で約36年も連載された少女向けギャグ漫画。1982年から1983年までテレビ朝日系列・東映アニメーション制作でテレビアニメ化されたこともあるという。完結巻となる100巻が発売された際に当時新品で入手可能だった既刊が1巻*3と81巻~100巻のみだったが全巻手に入れるとしてもこりゃスペースの都合で91~100巻のまとめ買いだけになってしまう始末… 親子2世代に受け継がれて親しまれた長寿作品だからせめて全巻一冊化するべきだろう。。あとおまけとして100巻の続きでもあり小学5年生に進級したあさりと中学生になったタタミたちを描く『あさりちゃん 5年2組』全1巻も収録したらいいかもしれない。さくらももこコジコジ』(全3巻*4 )
オレはきみとぼくコミックス版全巻を中古で手に入れたことあるが、それ以降の新作エピソードを手元に置きたくてもりぼんマスコットコミックス版が全4巻にあたるため買い直さなきゃいけないことにちょっと抵抗あった。そんな中作者のさくら先生が2018年8月に乳がんでまさかの死去。こうなったらコジコジを含めたさくら先生の全作品を『さくらももこ漫画大全集』として出すべきだよな。まあコジコジ以外の作品である『神のちから』でもコジコジキャラの原点がいると聞きつけたんでちょっと興味あるかも。

以上で買い直してみたいと思うコミックをまとめてみたが、今度はまだ買ったことのないコミック編の記事も書くかもしれない(多すぎたら「少年コミック編」「青年コミック編」「少女コミック編」に分ける可能性ありかも?)。
全巻一冊でオレの好きなコミックが追加されてきたら、人生が少し変わっちゃうんだろうな~!

*1:読切版全1巻も含む。

*2:たとえば「コロコロコミック編」とか「学年誌編」とか「ビッグコミック編」とか。

*3:完結に合わせて十数年ぶりに重版されたと思われる。

*4:2018年12月~2019年1月に集英社りぼんマスコットコミックスより発売された新装再編版のこと。