コマ松ブログ

松川コマ松の日常などが満載の楽しいブログだぜ!

にほんブログ村に参加中!→ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へにほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へにほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ

母方の従妹がプリキュア卒業

今年の4月で小学生になったばかりの母方の従妹。突然で残念なお知らせであるがプリキュアを卒業したことが叔母からのLINEで明かされた。
7月下旬のとある週末に1人で東映アニメーション大泉スタジオ(東映アニメーションギャラリー)の建て替え工事を観察中に叔母に「新ギャラリーがオープンしてプリキュアの企画展が開催されるならまた連れて行こうな」とLINEしたが、その返信で「従妹に聞いたらプリキュアを卒業したと言っている」とのことが。4月中旬に母方の叔父の家に遊びに来たときはHDDの録画一覧にプリキュアが毎週録画予約設定されていて従妹が小学生になっても一生観続けるだろうと思ってたんだよな。。プリキュアは女子の憧れのヒロインと言われてるのにまさか予想以上に早く卒業するなんて…
上記を送った翌日に改めて叔母にLINEしたら「プリキュアはいつの間にか観なくなっちゃって何人目とかは叔母はよくわからない」とのこと。先日『キラキラ☆プリキュアアラモード』で6人目のプリキュアが登場したばかりだが最初は5人だったもんな(ドキドキ!プリキュア以来)。叔母は従妹の観るアニメにそんなに目線当ててないかな?と感じたりするだろう。今年3・5月にママの実家のHDDレコーダーでスカパー!無料の日にやってたプリキュアの過去の映画やテレビシリーズを録画したのに台無しになってしまったな…
ちなみに従妹がプリキュアを観始めたのは2歳半の頃で『スマイルプリキュア!』の最終章あたりだった。プリキュアと同じメインターゲット層を持ち、これと同じくとある雑誌に連載しているアニメである『かみさまみならい ヒミツのここたま』は逆に観続けてるらしい。ここたまを卒業しないのならイベントに連れて行ったりオレ1人で公式ショップ(東京のどこかで開催すれば)に行って従妹のためにここたまグッズ買い尽くしちゃおうかなと思ったりするんだよな。。それで今年4月中旬に母方の叔父の家に遊びに行った時に従妹へのオススメ新番組として薦めてオレが毎週録画予約設定してあげたアニメ『プリプリちぃちゃん!!』と特撮『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』はどちらもプリキュアよりもメインターゲット層が上であって小学生向けでもあるが、プリキュア卒業の代わりとして観るテレビ番組になってくれるだろうと誓ってるんだが、もうだんだん好きになったのかなと思って録画予約設定してから2ヶ月半経ったときに叔母にLINEしたら「あまり観ていない」らしい。オレが従妹の7歳の誕生日プレゼントとしてちゃおを買ってあげて記事や漫画とか読んだらハマってくれるんかな?と期待が見えるかも。
将来、オレ的に従妹にはハロプロを好きになってもらいたい。この世で1番かわいいアイドルグループ集団だし、ダンスも上手いし、メンバーみんな美脚だし。結局だけどママの実家で今年のゴールデンウィークスカパー!無料の日でCSチャンネルスペースシャワーTVプラスでやってたハロプロMV5時間スペシャルを録画したんだよな。観るとしたらママの実家にオレと両親と母方の祖父母と母方の叔父一家の計8人が集まってからになるかな?あと、『ぼのぼの』を見せようかなと構想したりもするがママからは「哲学的な内容も含むしちょっと難しいかも」と言われてた。そりゃいがらしみきお先生による青年漫画が原作だからな… 青年コミックの中ではシンプルな画風だけど内容はちょっと難しいという作品もあったりするんだよなぁ。。(特に西岸良平先生は昭和30年代の流行や推理ものを描いたり、森下裕美先生は内容がブラックだったり)
従妹の6年間の小学校生活で好きなものが激変する可能性もあるが、オレもちょくちょく見守ってやりたいかと。

高橋 晃 東映アニメーションプリキュアワークス

高橋 晃 東映アニメーションプリキュアワークス